スマートフォン版へ

大柄ながら素軽い動き!松永幹師が評価するブラゾンダムールがデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2017年10月02日(月) 18時00分
 いよいよ、今週から秋の東京競馬場、京都競馬場が開幕。この開催は「素質馬の宝庫」とも言われる開催だが、昨年の東京開幕週、芝2000mでデビュー勝ちを決めたのがレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎)。先日の神戸新聞杯で強い勝ち方を見せたダービー馬で、やはりスターホースが登場する開催といってよいだろう。

【10月8日(日) 東京芝2000m】

◆ブラゾンダムール(牡、父ディープインパクト、母メダリアダムール、栗東・松永幹夫厩舎)

 全姉に京都芝1600mで未勝利戦を勝ち上がったフィーユダムールがいるが、性別の違いもあって、こちらが大柄。松永幹夫調教師は「腹まわりがボテッと映るシルエットですが、走らせると素軽い動きをします」と評価。

 9月27日にレースでも騎乗が予定されているM.デムーロ騎手が跨って...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す