スマートフォン版へ

【秋華賞】アエロリット「躍動感あった」 大舞台へ抜群パフォーマンス

  • 2017年10月05日(木) 06時00分
 「秋華賞・G1」(15日、京都)

 好時計マークで状態の良さをアピールした。NHKマイルC、クイーンSを連勝中のアエロリットが4日、美浦Wで抜群のパフォーマンスを見せた。6Fでアフィニータ(4歳500万下)を1秒5追走し、道中でその差を徐々に詰め、最後は併入。馬なりで6F80秒5-37秒7-12秒5を記録した。

 自ら騎乗した菊沢師は動きに高い評価を与える。「1週前なのである程度の内容をやった。躍動感があったし、いいケイコができた」と納得の表情を見せた。前走のクイーンSは古馬を子ども扱いにし、重賞2連勝を飾った。「2歳、3歳春の段階より体高が伸びて、気性面でもオンとオフが分かるようになってきた」と師はさらなる成長を強調する。進化を続ける快速牝馬が、今度は同世代相手の2000メートル戦でG1制覇をつかみにいく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す