スマートフォン版へ

エリザベス女王杯の前哨戦は実績を重視/府中牝馬S展望

  • 2017年10月12日(木) 06時00分
 今年から「アイルランドトロフィー」の冠がついた府中牝馬S。昨年は勝ったクイーンズリングエリザベス女王杯でも1着、2着のシングウィズジョイも当レースに出走していた(7着)。2014年も勝ち馬のディアデラマドレエリザベス女王杯で3着と、ここ数年はステップレースとしての重要性が高くなっている。

1.重賞実績馬の存在感が高まる

 GII昇格から昨年まで6年間の連対馬12頭のうち10頭は、すでにそれ以前に重賞を勝った経験があった。勝ち馬に限ると6頭中5頭。2010年までは3年続けて重賞未勝利の馬が勝っていたように、格上がりの馬の活躍が目立ったが、近年は実績で劣る馬には好走の余地が小さくなった。

2.秋華賞との関連性が高い

 昨年の勝ち馬クイーンズリングは前年の秋華賞で2着、このレースを3回走って2・2・3着のスマートレイアー秋華賞2着馬。2009年に7番人気でここを勝ったムードインディゴは、前年の秋華賞を8番人気で2着と、両レースをともに穴で好走している。コース形態や距離は違うものの、速い上がりの中距離戦ということで、この2レースの関連性は高い。

3.軽量3歳馬にも要注意

 同じ週に秋華賞が行われるため、3歳馬がこのレースに出走することは稀だが、過去10年では2013年のスイートサルサ、2010年のスマートシルエットがいずれも3着している。秋華賞はクラシック登録が必要ないので、賞金が足りていれば出走できる。それをあえて古馬にぶつけてくるのは、意欲の挑戦と考えるべきで、軽量ということもあり侮れない存在だ。


 秋華賞とドバイターフを制したヴィブロスが力量的にも適性面でも一歩リードしている。全姉のヴィルシーナや半兄のシュヴァルグランがそうだったように、じわじわ力をつけて長く活躍し続ける血統。本馬もここまで大事に使われていて、大仕事を成し遂げながら馬はまだ成長の余地を残している。充実の4歳秋を迎えて、これまで以上に進化した走りが期待できる。

 2頭出走している3歳馬ならリエノテソーロ。最近2走はダートで牡馬の壁に跳ね返された形だが、アネモネSを小差4着、NHKマイルCでも2着だから、3歳芝マイル路線では間違いなくトップクラスの一頭だ。距離延長は鍵になるが、3歳馬の意欲の挑戦でもあり、注目したい。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す