スマートフォン版へ

【秋華賞】カワキタエンカ“バタフライ走法”で入魂走 スピードでアッと言わせる

  • 2017年10月12日(木) 06時00分
 「秋華賞・G1」(15日、京都)

 ローズS2着で優先出走権を手にしたカワキタエンカは11日、気温が上がり始めた午前7時半、栗東坂路に登場。単走でしまい重点に脚を伸ばし、馬なりで4F53秒6-39秒3-12秒5をマークした。

 両前脚でチップをつかむ“バタフライ走法”が特徴的。馬場の外めを力強く駆け上がった。浜田師は「良かった。テンをスムーズに行けたようだし、しまいもしっかりしていた」と内容に満足げ。予定よりも時計は速くなったようだが「少し気持ちが入っているし、けさの坂路は時計が出ているようだから」と気にする様子はなかった。

 1週前には新コンビを組む北村友が騎乗。「いい感触をつかんでくれています」と師は信頼を寄せる。逃げ粘った前哨戦からも、展開の鍵を握る存在だ。「スムーズなら押し出される形になるかな。G1で楽に行かせてはもらえないだろうけど、スピードを生かして、後続に脚を使わすような競馬ができれば」。G1の舞台で、再びアッと言わせるか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す