スマートフォン版へ

【室町S】(京都) ブルミラコロが勝利

  • 2017年10月21日(土) 18時00分
京都11Rの室町ステークス(3歳以上オープン・ハンデ・ダート1200m)は3番人気ブルミラコロ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(不良)。1馬身3/4差の2着に4番人気ニットウスバル、さらにクビ差の3着に7番人気エイシンローリンが入った。

ブルミラコロは栗東・大久保龍厩舎の5歳牡馬で、父キンシャサノキセキ母キングスミール(母の父Theatrical)。通算成績は16戦6勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ブルミラコロ(秋山真一郎騎手)
「2列目くらいから競馬をしようと思っていましたし、イメージ通りに競馬が出来ました。道中の行きっぷりも良かったです。元々素質があって、オープン馬になると思っていました。スタッフもよく仕上げてくれていますし、レース数を使っていませんからね」

2着 ニットウスバル(川田将雅騎手)
「これだけ脚抜きのいい馬場で、外を回らされながらもよく頑張っています」

4着 キクノストーム(松若風馬騎手)
「ペースが速かったので、展開が向いたと思いました。良い脚を使ってくれたのですが...」

5着 アールプロセス(浜中俊騎手)
「いつも差のない競馬をしてくれています。以前は追い込み一辺倒でしたが、最近はある程度の位置から競馬が出来るようになりました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す