スマートフォン版へ

伏兵ブームタイムが優勝、ジャパンC出走も視野に/コーフィールドC

  • 2017年10月23日(月) 12時00分
 21日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたコーフィールドC(GI・芝2400m)は、13番人気の伏兵、C.パリッシュ騎手騎乗のブームタイム(牡6、豪・D&Bヘイズ&T.デイバーニッグ厩舎)が優勝した。17頭立ての良馬場で、勝ち時計は2:27.66。

 サーアイザックニュートンが離して逃げる展開の中、ブームタイムは好位を進み、直線ではインコースから抜け出し優勝。人馬ともにGI初勝利となった。2着はK.オハラ騎手騎乗のシングルゲイズ、3着はB.メルハム騎手騎乗のヨハネスフェルメール。ブームタイムから4着のロードファンダンゴまでの4頭は14日のレースからの連闘だった。

 ブームタイム父Flying Spur、母Bit of a Ride(母父Snippets)。1990年のジャパンCベタールースンアップで制しているヘイズ師は、ブームタイムの今後として、次走・メルボルンCの後にはジャパンCを視野に入れていることを明かしている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す