スマートフォン版へ

【ノベンバーS】(東京) ストーンウェアが追い比べからゴール前抜け出す

  • 2017年11月04日(土) 16時36分
東京10Rのノベンバーステークス(3歳以上1600万下ハンデ、芝2000m)は4番人気ストーンウェア(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒9(良)。アタマ差2着に2番人気ルックトゥワイス、さらに1/2馬身差で3着に5番人気マウントゴールドが入った。

ストーンウェアは栗東・吉田直弘厩舎の5歳牡馬で、父Birdstone母Antique Auction(母の父Geiger Counter)。通算成績は22戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ストーンウェア(C.デムーロ騎手)
「スタートを切ってから、先行集団でうまく折り合うことが出来ました。直線で止まってしまったかと思いましたが、そこからしぶとく脚を使ってくれました。とても良い勝負根性を持っています」

2着 ルックトゥワイス(戸崎騎手)
「いい具合に走ることが出来ました。以前はフワッとしたところがありましたが、今日は集中して走れていました。ここまで頑張ったら勝ちたかったですが、また次、頑張ります」

3着 マウントゴールド(武豊騎手)
「メンバーを見て前に行こうと思っていました。道中、物見をするところがありましたが、それでもよくやっています」

7着 アーバンキッド(石橋脩騎手)
「気持ちが前向きすぎてスタートはタイミングが合いませんでした。それでも掛かることはなく、しっかり走ってくれました。相手が強かったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す