スマートフォン版へ

コーフィールドCの覇者・ブームタイムがジャパンCへ参戦

  • 2017年11月10日(金) 13時00分
 10月21日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたコーフィールドC(GI・芝2400m)を13番人気ながら制したブームタイム(牡6、豪・D&Bヘイズ&T.デイバーニッグ厩舎)がジャパンC(11月26日、GI・芝2400m)の招待を受諾し、参戦することが厩舎より発表された。

 ブームタイム父Flying Spur、母Bit of a Ride(母父Snippets)という血統。コーフィールドCの後には7日のメルボルンC(豪GI・芝3200m)にも出走し15着となっている。また、ヘイズ師は1990年のジャパンCベタールースンアップで制した実績がある。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す