スマートフォン版へ

ブームタイムら外国馬4頭ジャパンCへ

  • 2017年11月11日(土) 05時30分
 JRAは10日、ジャパンC(26日・東京)の外国招待馬を発表。アイダホ(牡4歳・愛国)、ブームタイム(牡6歳・豪州)、イキートス(牡5歳・独国)、ギニョール(牡5歳・独国)の4頭が来日する。

 最も注目度が高いのはブームタイムか。豪州馬の参戦は03年のフィールズオブオマー(18着)以来14年ぶり。前走のメルボルンCは15着だが、前々走でジャパンCと同距離のコーフィールドC・豪G1を制している。ヘイズ師は90年のジャパンCベタールースンアップで制した実績の持ち主だ。アイダホは欧州を代表するA・オブライエン師の管理馬。今年の“キングジョージ”3着、前走の凱旋門賞は8着だった。ギニョールはバーデン大賞、バイエルン大賞と独G1を連勝中。イキートスは昨年の7着に続く挑戦となる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す