スマートフォン版へ

ワグネリアンが無傷3連勝を狙う/東京スポーツ杯2歳Sの見どころ

  • 2017年11月13日(月) 10時00分
 デビュー2連勝中のワグネリアンが登場。早くもクラシック候補の声が上がる大器、ここで重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■11/18(土) 東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII・東京芝1800m)

 ワグネリアン(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は新馬戦で改修後の中京芝コースにおいて、古馬も含めて最速となる上がり32秒6をマーク。続く野路菊Sでも重馬場をものともせずに突き抜け、2馬身半差で完勝した。現時点では世代トップクラスのパフォーマンスを見せており、ここもあっさり突破できるかが注目される。

 ルーカス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)はGIを6勝したモーリスの全弟で、札幌の新馬戦をV。3〜6着馬がその後に勝ち上がり、内2頭は2勝目も挙げているだけに、レベルはかなり高かったと言える。今回は兄とも度々コンビを組んでいたR.ムーア騎手を鞍上に迎え、重賞制覇に挑む。

 その他、アイビーSを勝ったコスモイグナーツ(牡2、美浦・高橋祥泰厩舎)、アイビーSで2着のシャルルマーニュ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)、新馬戦圧勝のノーブルアース(牝2、栗東・牧浦充徳厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時30分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す