スマートフォン版へ

【メイクデビュー京都レース後コメント】サトノワルキューレ M.デムーロ騎手、グロリアフライト国分恭介騎手ら

  • 2017年11月18日(土) 14時26分
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒1(重)。アタマ差の2着に6番人気メイショウゴウリキ、さらに3馬身差の3着に2番人気エルカラファテが入った。

サトノワルキューレは栗東・角居勝彦厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト母ヒアトゥウィン(母の父Roi Normand)。

〜レース後のコメント〜
1着 サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手)
「調教の動きが良かったです。頭が良くて、真面目な馬ですから自信がありました。スタートも良く、いい位置もとれていいレースが出来ました。レースは落ち着いていました。(落馬のあった)3コーナーは危ないところがありましたが、直線は一生懸命走ってくれました」

2着 メイショウゴウリキ(秋山真一郎騎手)
「坂路やウッドチップコースはあまり走りませんでしたが、芝はよく走りました」

3着 エルカラファテ(C・デムーロ騎手)
「スタートは速くありませんでしたが、慌てず中団からレースを進めました。3コーナーは落馬の影響で外へ逃げる形になりましたが、ラストはしっかりとした脚でした。やはり3コーナーの不利は大きかったです」

5着 レイデマー(浜中俊騎手)
「最後は止まってしまいましたが、上手なレースをしてくれました。いいところがありそうです。初戦としてはいい内容でした」

京都6Rのメイクデビュー京都(芝1200m)は3番人気グロリアフライト(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒5(重)。クビ差の2着に2番人気ロードラズライト、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気マイティスピリットが入った。

グロリアフライトは栗東・五十嵐忠厩舎の2歳牝馬で、父ヨハネスブルグ母エスフライト(母の父サンデーサイレンス)。

〜レース後のコメント〜
1着 グロリアフライト(国分恭介騎手)
「今日はゲートの中でおとなしかったですし、いいスタートが切れました。それで楽にハナへ行けました。あとはペースを守ってレースを進めて、最後までよく頑張ってくれました」

2着 ロードラズライト(四位洋文騎手)
「スタートをポンと出て、いい位置につけられました。ただ、まだ集中しきれていませんし、全体に若さがあります。これから変わってくると思います」

3着 マイティスピリット(C・デムーロ騎手)
「ゲートが遅くて中団からになりましたが、最後はいい脚でした。もう少し距離を延ばしてもいいと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す