スマートフォン版へ

キタサンブラック武豊騎手「結果で期待に応えたい」/ジャパンC共同会見

  • 2017年11月22日(水) 17時45分
キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手

――まず、天皇賞(秋)を振り返ってください。
武豊 ゲートの中で前扉に突進してしまって、タイミングが合わずに出遅れるかたちになりました。道中は馬場状態が物凄くて水が浮くような状態だったのですが、馬のほうは思っていたよりこちらが気にするようなこともなく、いい感じでした。あの馬場状態を馬が耐えてくれて。その分、先頭に立つのが思ったより早かったんですが残りの400mもしっかり耐えてくれました。

――交わされるという感じはありましたか?
武豊 さすがにキタサンブラックもラストはいっぱいいっぱいになっていたのでヒヤヒヤしました。

――春と比べて変わった点はありましたか?
武豊 そんなに大きく変わった点はなかったですけど、パドックで跨ったとき馬がものすごく気合が入って元気な感じがしました。やはりいい状態なんだろうな、というのは伝わってきました。

――今朝は黒岩騎手が騎乗して追い切られましたが、ご覧になっていましたか?
武豊 はい、見ていました。

――印象は?
武豊 先にどういう内容なのかを聞いていなかったので、思ったより静かな追い切りだな、という印象でしたね。

――前走の会見では『楽しみなシーズン、いよいよだ』という話をされていました。秋初戦を勝って、より楽しみが広がったんじゃないでしょうか?
武豊 そうですね。前走は残り3戦となってからの天皇賞(秋)だったので、なんとしても結果を出したいという気持ちが強かったんですけど。本当にいいレースでいい結果が出たのでさらにそういう気持ちがは強くなりました。

――昨年のジャパンCを振り返ってください。
武豊 昨年もすごく馬の状態がよかったですし、レースも1番枠をとってマイペースですすめられていいレースができました。それまでのキタサンブラックの印象とは違う勝ち方で、本当に圧勝でしたね。ひじょうに強かったですね。

――今年はどんなレースをイメージしていますか?
武豊 それほどどういうかたちにならなければいけない、という馬ではないので。いろんな勝ち方をしてくれる馬です。そのへんは選択肢をわざわざ狭くする必要はないのかな、と思っています。

――前走の勝ちっぷりからも選択肢はより広かったようにお見受けしますが、いかがでしょうか?
武豊 もともと先行しなければしなければダメとか、全く思っていなかったので。スタート次第、相手次第、枠順次第、天候次第で最良のプランを考えたいと思います。

――相手関係は?まだ戦っていない3歳馬や外国馬もいますね。
武豊 もちろんジャパンCですから、強い馬の集まりですからね。3歳馬も出てきますし、外国馬もいますし、ひじょうにバラエティに富んだメンバーだと思いますね。

――希望の枠順は?
武豊 普通に考えると東京2400mなので内枠が欲しいなと思います。

――ゲートに不安はありますか?
武豊 もともとゲートで大人しくしている馬ではないので今までも突進したり躓いたりするような不安はあったんですが、これまでは運良く天皇賞(秋)のようにはなりませんでした。ただ、前走のようなことがなければ、ゲートを出てからはものすごく速い馬です。だから、もともとそういうところはあったので“やってしまったな”という感じです。もちろん今回もそこには注意を払って乗りたいですね。

――近くの枠の馬の影響は?
武豊 ありませんね。

――ベストの距離は?
武豊 わからない…。うーん…、ちょっとわからないですね。逆にダメな距離がわからないですね。

――最後にメッセージを。
武豊 この馬の置かれた立場というのも十分わかっていますし、その主戦を務めさせて貰っていますのでそれに応える騎乗をするだけだと思います。結果で期待に応えたいです。

(取材・写真:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す