スマートフォン版へ

グレイルがゴール前で差し切り無傷の2連勝!/京都2歳S

  • 2017年11月25日(土) 15時45分
 25日、京都競馬場で行われたラジオNIKKEI杯京都2歳S(2歳・GIII・芝2000m)は、4番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の2番人気グレイル(牡2、栗東・野中賢二厩舎)が、直線で脚を伸ばして、3番手追走から一旦は抜け出した1番人気タイムフライヤー(牡2、栗東・松田国英厩舎)をゴール前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分1秒6(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に5番人気ケイティクレバー(牡2、栗東・目野哲也厩舎)が入った。なお、3番人気スラッシュメタル(牡2、栗東・西村真幸厩舎)は8着に終わった。

 勝ったグレイルは、父ハーツクライ母プラチナチャリスその父Rock of Gibraltarという血統。10月22日の新馬戦に続くデビュー2連勝で、重賞初制覇を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
グレイル(牡2)
騎手:武豊
厩舎:栗東・野中賢二
父:ハーツクライ
母:プラチナチャリス
母父:Rock of Gibraltar
馬主:カナヤマホールディングス
生産者:ノーザンファーム
通算成績:2戦2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す