スマートフォン版へ

【ラジオNIKKEI杯京都2歳Sレース後コメント】グレイル武豊騎手ら

  • 2017年11月25日(土) 17時00分
京都11RのラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は2番人気グレイル(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒6(良)。アタマ差の2着に1番人気タイムフライヤー、さらに2馬身半差の3着に5番人気ケイティクレバーが入った。

グレイルは栗東・野中賢二厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ母プラチナチャリス(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は2戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 グレイル(武豊騎手)
「強かったですね。直線も手前をかえなかったように、まだしっかりしていないところがありますが、その中でもこれだけの走りをしてくれましたからね。前回は道悪をこなして、今回は良馬場で勝ってくれましたし、素質を感じます。明日(ジャパンC)もこの調子で結果を出したいですね」

1着 グレイル(野中賢二調教師)
「調教の反応が初戦の時よりも良くなっていました。ただ、直線で手前をかえなかったように、まだ完成していません。今日勝ってゆったりしたローテーションを組めますし、次は来年になってからですね。どこから始動するかは、オーナーとも相談して決めようと思います」

2着 タイムフライヤー(C・デムーロ騎手)
「好位で運んで、ラストもしっかり伸びています。今日は勝った馬が強かったです」

5着 シスターフラッグ(岩田康誠騎手)
「夏場より馬が良くなっていました。距離はもっとあっても良いと思います。これからも成長すると思います」

6着 ナムラアッパレ(国分優作騎手)
「折り合いに心配がなく、楽に行けました。初めての距離でも伸びてくれました。器用に走れる馬です。使い詰めでも毎回頑張ってくれます」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す