スマートフォン版へ

【京都2歳S】グレイル 重賞初制覇! 復帰後初Vのユタカ「この調子で頑張ります」

  • 2017年11月26日(日) 08時00分
 「京都2歳S・G3」(25日、京都)

 名手が完全復活だ。単勝2番人気のグレイルが、無傷2連勝で重賞初制覇を達成した。鞍上の武豊は、8日の落馬負傷(右膝靱帯損傷)から6戦目での復帰後初Vを重賞で飾り、「強かった。直線で手前が変わらなかったり、全体的に走りがしっかりしていない段階でこれだけ走ってくれた。楽しみ。すごく素質を感じます」とパートナーをたたえ、白い歯をこぼした。

 スタート後は、1番人気タイムフライヤーを見ながら4番手へ。直線は外に持ち出すと、右ステッキで鼓舞し、先に抜け出したライバルを強襲。ゴール寸前で頭差とらえた。「初戦は道悪をこなし、今回は良で勝ってくれた。前走より10秒以上速い時計で勝ったね」と舌も滑らかだ。

 賞金加算に成功し、野中師は「まだ体ができていないなかで走ってくれた。これで理想的な形でゆったりとローテが組める」と頬を緩める。年内は休養予定だが、クラシックなど大レースが待つ来春以降に明るい展望が開けたのは間違いない。

 武豊は、ジャパンCに大本命のG1・6勝馬キタサンブラックで臨む。ファンから“ブラックも頼むで”と声が掛かると力強くうなずいた。「この調子で頑張ります」。追い風を背に東京へ。さあ、日曜も大仕事が待っている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す