スマートフォン版へ

リスグラシューは予定していた有馬記念を回避し年内休養

  • 2017年12月04日(月) 18時10分
 11月12日に京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(GI・芝2200m)で8着のリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)は、12月24日に中山競馬場で行われる有馬記念(GI・芝2500m)への参戦を視野に入れていたが、これを回避し年内は休養に充てる。

 リスグラシュー父ハーツクライ母リリサイド、母父American Postの3歳牝馬。2016年のアルテミスS(GIII)を制したほか、GIの2着が3回ある。通算成績は10戦2勝。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す