スマートフォン版へ

【香港カップ】日本馬の近況(9日)

  • 2017年12月09日(土) 17時31分
12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1・芝2000m)に出走を予定している日本馬の、9日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。


ステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)
【本日の調教状況】
角馬場→オールウェザーコース(キャンター1周)、藤原和男調教助手騎乗

藤原英昭調教師のコメント〜
「凄く状態が良さそうで、馬も気持ち良く走っていました」


スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)
【本日の調教状況】
角馬場→オールウェザーコース(ダクとキャンターで1周)、加藤公太調教助手騎乗

大久保龍志調教師のコメント〜
「良い感じで来ています。芝コースの状態が昨年より良く、時計が出そうなのでこの馬には合いそうな馬場状態になりそうです。手先も軽く気負いせず、また落ち着き過ぎてもおらず、ちょうど良い状態です。何とか結果を出して欲しいと思います」


ネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)
【本日の調教状況】
角馬場→芝コース(キャンターで1周)、金子晋二郎調教助手騎乗

堀宣行調教師のコメント〜
「4月の時よりもオールウェザーが硬いという印象があったのと、芝の状態がとても良いという2つの理由から、今朝も芝コースでキャンターを行いました。追い切りから順調に来ていますし、競馬に繋がるような調教を行いました」


(現地情報)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す