スマートフォン版へ

【香港スプリント】日本馬の近況(9日)

  • 2017年12月09日(土) 17時40分
12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1・芝1200m)に出走を予定している日本馬の、9日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。


レッツゴードンキ(牝5歳、栗東・梅田智之厩舎)
【本日の調教状況】
角馬場で調整

梅田智之調教師のコメント〜
「今日は追い切った翌々日だったので、馬の状態を確認したうえで、馬場入りはさせませんでした。角馬場では馬の気持ちや身体のキレ、状態のチェックにつとめました。良い意味で緊張感もあり、ガスも抜けていて良い方向に向かっていると思います。日本にいる時と変わらないような状態です」


ワンスインナムーン(牝4歳、美浦・斎藤誠厩舎)
【本日の調教状況】
角馬場で調整

斎藤誠調教師のコメント〜
「当初の予定通り、1時間強の曳き運動と乗り運動を行い、体調を整えました。馬体にハリが出て、走る気も出てきて、とても良い状態だと思います」

(現地情報)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す