スマートフォン版へ

【香港C】ネオリアリズム、軽快なリズムで駆け抜ける

  • 2017年12月10日(日) 06時00分
 「香港C・香港G1」(10日、シャティン)

 日本勢を引っ張るように、ネオリアリズムがトップで登場。決戦前日の9日は芝コースをキャンターで1周。軽快なリズムで駆け抜けた。

 堀師は「4月よりもAWが硬いという印象があったのと、芝の状態が良かったので」と調教の意図を説明。「順調に来ていますし、競馬につながるような調教を行いました」と万全の態勢を強調した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す