スマートフォン版へ

【朝日杯FS】ダノンプレミアム中内田師「センスの良さが強み」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2017年12月15日(金) 16時00分
 2歳馬なのにこんなに危なげない競馬ができるのか。ダノンプレミアムの前走・サウジアラビアロイヤルカップを見た正直な感想です。稍重という条件下で2歳のコースレコードを叩き出すあたり、普通じゃないですよね。内容も2番手追走から直線で抜け出すという横綱相撲。センスもスピード感もホント文句ナシです。

「センスがいい競馬でしたね。そして、ジョッキーがうまいことダノンプレミアムに競馬を教えてくれましたね」と中内田師。

 先週、今週と追い切りも無事消化しています。

「1週前追い切りではちょっと負荷をかけた内容でした。3頭併せで終い抜け出して、いい脚を使ってくれましたね。今週の追い切りは調整程度でした。いつものこの子の動きだな、という印象でした」

 まだ揉まれる競馬は未経験だし、道悪への適性もわからない。三戦目の今回は新たな課題にぶつかるかもしれませんね。

「まだまだ課題はありますね。現時点ではレースセンスの良さが強みでしょう。これからもこのセンスの良さを継続しつつ、距離やペースへの対応などいろいろ身につけていって欲しいです。ほんと、これから楽しみが多いですね」

 体はまだ幼児体型ながらも、さらにボリューム感が増した印象を受けます。

「毎回、一生懸命走ってくれます。馬体もふっくらしています。あとは競馬まで無事にいってくれればと思っています」

(取材・写真:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す