スマートフォン版へ

シャケトラ&上村助手 有馬初参戦に武者震い

  • 2017年12月19日(火) 07時10分
 胸の高鳴りを感じながら-。有馬記念初参戦となるシャケトラ(牡4歳、栗東・角居)。担当の上村典久助手(45)にとって、担当馬を暮れのグランプリに出走させるのは今回が初めてだ。

 同助手の実弟は、今月7日に新規調教師試験に合格した、元騎手の上村洋行助手(44)=栗東・池添兼。弟の吉報に「俺もいいことないかな(笑)」と冗談交じりに話しつつ、「天皇賞・秋ジャパンCも全て初めてでしたが、一番お客さんが入って注目も集まりますからね」と武者震いする。

 春の日経賞V以降に挑んだ4戦は全てG1。なかなか結果は出せていないが、「中山が合いそうだし、右回りはそんなに崩れないと思う」と仕上げ人に悲観の色はない。

 愛馬と初めて迎えるひのき舞台。「青写真通り、無事に来てくれた。チャレンジャーですから、自分の競馬に徹するだけ」と口元を引き締める。上村助手の長く短い1週間が始まった。(デイリースポーツ・向 亮祐)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す