スマートフォン版へ

【有馬記念】武豊 身が引き締まる思い ブラックに「励まされてきた」

  • 2017年12月21日(木) 07時30分
 「有馬記念・G1」(24日、中山)

 “現役最終追い切り”でも、己のスタイルを貫いた。G1・6勝馬キタサンブラックは20日、栗東CWで併せ馬。序盤をゆったりと入ったために全体時計は目立たなかったが、きっちりと貫禄の先着を決めた。同じ中3週の前走時は2本の追い切りで臨んだが、今回は倍の4本と悔いなき仕上げで臨むラストラン。有終Vで、歴代最多タイのJRA・G1・7勝目を狙う。

 -ついにラストラン。

 「本当にいよいよだなという気持ちで身が引き締まる思いです。キタサンブラックですしね。さらに引退レース。いろいろと思うところが強いです」

 -ジャパンC3着を振り返って。

 「馬の状態は良かった。いいスタートを切れたし、正攻法のレースをした。直線半ばまではいい感じ。上位2頭が強くて残念でしたが、非常にレベルの高い走りでしたね」

 -改めてこの馬の強さは。

 「デビューから期待されてきたわけではないかもしれないが、常にトップレベルで走って結果を出し続けている。サラブレッドとしての総合力が高い。1年に6度のG1を主役として走るのは、簡単ではない。それでいて今年だけでG1・3勝。すごい馬です」

 -北島オーナーから声は掛けられたか。

 「特にないです。掛けられるとプレッシャーになるので(笑)」

 -意気込みを。

 「ファンの多い馬。ファンが望んでいる競馬は、先頭でゴールインする姿だと思う。それに向けてベストを尽くしたい。僕自身、感謝しかないし、この馬には励まされてきた。最後を勝たせてあげたい気持ちが強い」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す