スマートフォン版へ

14年Vジェンティルと同じく決して奨励金目当てじゃない キタサンの大団円だ/トレセン発秘話

  • 2017年12月22日(金) 18時00分
 2014年の有馬記念を勝ったジェンティルドンナは、その年からできた“ある制度”のため、戦前は一部から嫌な噂を立てられた。

 その制度というのが、有馬記念の出走馬の充実を狙って制定された「特別出走奨励金」。ファン投票1〜10位までの馬(当該年度のGI3着以内の馬と平地重賞勝ち馬に限る)には、この年から投票順位によって出走するだけで、お金がもらえることに。

 ジェンティルドンナが出走してきたのは、この奨励金(ファン投票2位だったため2000万円)目当てじゃないのか?

 それまで一度も出走していなかった中山コース=有馬記念で引退レースを迎えるという状況が、こうした疑惑を生んだ。

「直前の調教が軽いのもそうしたことを言われた原因になったと思う。でも秋3走目で逆にビッシリやる方がおかしいでしょ。報奨金目当てなんて言われるのは心外だったし、きっちり馬はつくっていた。最高の状態に仕上がっていたし、しっかり勝ってくれたのはうれしかった」と調教パートナーを務めた井上助手。

 そもそも、ジェンティルドンナ有馬記念に出走した理由は、ジャパンCで4着に敗れ、「このままでは終われない」という石坂調教師の強い思いからで、その背景を考えれば、奨励金狙いという見方自体が「完全な間違い」と断言できる。

 今年のファン投票上位馬にも奨励金は支払われ、1位のキタサンブラックは出るだけで2000万円がもらえることになるわけだが…。もちろん、こんなマネー目的で出走してきているわけではないのはジェンティルドンナと同じ。

 デビューからこれまで一度も故障をせず、使いたいレースに全て出走してきた(これは非常に難しいこと)稀有な丈夫さを持つ、という意味では、キタサンブラックジェンティルドンナは似ており、引退レースの結果も同じ大団円になるのでは、と思っている坂路野郎である。

 (栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す