スマートフォン版へ

有馬記念ダイジェスト/勝ちタイムは2分33秒6(良)

  • 2017年12月24日(日) 18時11分
2017年 有馬記念(GI・中山芝2500m/天気:晴/馬場:良/16頭立て)

 2番キタサンブラックがスンナリとハナを切り、1周目の3コーナーへ向かう。1馬身差で7番シャケトラが2番手、直後に1番ヤマカツエースが続き、その外に15番カレンミロティックが上がってきた。1馬身差で3番クイーンズリング、その外に5番トーセンビクトリー、さらに1馬身差で6番サトノクロニクル、その内に4番ブレスジャーニー、外に9番サクラアンプルールが続く。1馬身差で12番サトノクラウン、半馬身差の外に10番シュヴァルグラン、1馬身差で8番レインボーライン、その外に13番ミッキークイーンと14番スワーヴリチャードがいる。1馬身半差で11番ルージュバック、さらに1馬身後ろの最後方が16番サウンズオブアースとなった。

 1周目のスタンド前に入り、キタサンブラックのリードは2馬身ほど。以下隊列は変わらないままゴール板を通過して2周目へ。1000mの通過タイムは61.6秒。2周目3コーナーに入って、トーセンビクトリースワーヴリチャードが外を回って上がっていく。シュヴァルグランスワーヴリチャードが並んできたところで動いた。キタサンブラックは一旦後続を引きつけている。

 最後の直線に入り、キタサンブラックが再び後続を突き放した。好位につけていたクイーンズリングが懸命に脚を伸ばし、外からはシュヴァルグランスワーヴリチャードが並んで上がってきたが、もはやキタサンブラックの優位は動かない。最後はクイーンズリングに1.1/2馬身差をつけてキタサンブラックがゴール。ラストランを見事勝利で飾った。

 3着は、2着クイーンズリングとハナ差でシュヴァルグランスワーヴリチャードはさらにクビ差遅れての4着だった。キタサンブラックはこの勝利でシンボリルドルフディープインパクトと並ぶ史上最多タイのJRAGI・7勝目を挙げ、またテイエムオペラオーを超えて歴代賞金王の座に輝いた。勝ちタイムは2分33秒6(良)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す