スマートフォン版へ

ダービー馬・レイデオロはドバイ遠征視野に 京都記念の結果次第

  • 2017年12月27日(水) 06時01分
 今年のダービー馬で、ジャパンC2着後に放牧に出ているレイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和)が、来春のドバイ遠征を視野に入れることが明らかになった。

 藤沢和師は「年明けに帰厩し、引き続き鞍上ルメールで京都記念(2月11日・京都)へ。結果次第でドバイシーマクラシック(3月31日・UAE・メイダン)参戦を考えたい」と話した。実現すれば、同厩舎ではカジノドライヴ(09年ドバイWC=8着)以来のドバイ遠征となる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す