スマートフォン版へ

混戦ムードが漂う3歳重賞/京成杯の見どころ

  • 2018年01月09日(火) 10時00分
 昨年末のホープフルSに続き、皐月賞と同じ中山芝2000mで行われる一戦。今回は混戦模様のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/14(日) 京成杯(3歳・GIII・中山芝2000m)

 ジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英一厩舎)は新馬戦こそ3着に終わったが、続く未勝利戦、葉牡丹賞と2連勝を飾っている。勝った2戦はいずれも逃げ切りで、今回もスンナリと行けるようならチャンスは十分だろう。3連勝で重賞Vなるか。

 ダブルシャープ(牡3、栗東・渡辺薫彦厩舎)は北海道所属でデビューし、クローバー賞で1着、札幌2歳Sで3着と好走。強豪が揃ったサウジアラビアRCは6着、中央移籍初戦の朝日杯FSは9着に終わったが、今回のメンバーなら力上位と言っていいだろう。2016年3月開業の渡辺薫彦厩舎、重賞初勝利なるか。

 その他、絶好調の戸崎圭太騎手とコンビを組むコズミックフォース(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、新馬戦を圧勝したデルタバローズ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)、アイビーS勝ちの実績があるコスモイグナーツ(牡3、美浦・高橋祥泰厩舎)、ホープフルSで7着のマイハートビート(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)なども重賞初制覇を狙う。発走は15時35分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す