スマートフォン版へ

【日経新春杯】パフォーマプロミス 充実の6歳 秘密兵器が待望の重賞初挑戦

  • 2018年01月09日(火) 06時30分
 「日経新春杯・G2」(14日、京都)

 新星誕生となるか。遅咲きのステイゴールド産駒パフォーマプロミスが、6歳を迎えて待望の重賞初挑戦。ここまでのキャリアはわずか11戦。陣営が焦らず、大事に育てたかいあって、ようやく素質が開花してきた。

 田代助手がこれまでの経緯を振り返る。「体質が弱かったけど、素質は感じていた。デビュー戦が(3歳9月の)スーパー未勝利。同世代よりも1年遅いぐらいの感じだから。ここに来てようやく体が追いついてきた」。

 前走のグレイトフルSは、好位4番手から抜け出す正攻法の競馬でV。課題の右回りを克服し、オープン入りを果たした。「センスのいい走り。しまいもしっかりしていた。続けて右回りというのも良かったが、初コースでも結果を出したあたり、精神面の成長を感じる。ひと夏越してしっかりしてきた」。相手はさらに強化されるが、充実一途の今なら重賞でも楽しみだ。

 藤原英厩舎は昨年、55勝を挙げて全国リーディング2位の活躍を見せたものの、意外にも重賞は未勝利。今年は質量ともに存在感を示したいところだ。「重賞は一昨年の中京記念ガリバルディ)から遠ざかっている。ここで何とかタイトルを」。秘密兵器のVが、厩舎に勢いをつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す