スマートフォン版へ

3歳馬にはタフな条件、あの馬に注目したい/京成杯展望

  • 2018年01月11日(木) 06時00分
 皐月賞と同じコースで行われる3歳重賞。2014年から重賞としてホープフルSが行われるようになったので、その影響が注目されたが、「トップクラスには少し足りない馬たちのチャレンジレース」という意味合いにおいては、以前とまったく変わりがない。2010年には後のダービーエイシンフラッシュがこのレースを制したが、基本的にはクラシックに繋がりにくいレースと考えたほうがいいだろう。

1.スタミナを要するレース

 この時期の3歳馬にとって中山芝2000mはタフな条件で、勝ち時計が2分2秒台になることも珍しくない。2013年には後にステイヤーとして名を馳せるフェイムゲームが勝っているし、2016年の勝ち馬プロフェットは萩S凡走で人気を落としていたが、洋芝の札幌で重賞2着とすでにスタミナを示していた。

2.キャリアが必要

 過去10年の連対馬のなかで、前走で初勝利を挙げたばかりだったという馬は3頭いるが、それらはいずれも未勝利勝ちであり、新馬戦からの臨戦馬、つまり1戦1勝馬の連対例は皆無である。昨年は堀厩舎のサーベラージュが新馬戦圧勝を評価されて2番人気に支持されたが、14着に大敗している。

3.前走凡走馬の巻き返しは困難

 過去10年の連対馬20頭のうち、前走で掲示板を外していた馬は2頭のみ。着差で言うと、前走で0.6秒以上負けていた馬の連対は1頭のみである。すでに重賞・オープンを使って壁に当たった馬よりは、勢いのある上り馬を尊重すべきレース。


 ジェネラーレウーノは断然人気の新馬戦を3着に敗れたあと2連勝。いずれも逃げる競馬であり、前走も物見が激しかったように、まだ気性の幼さが残っているが、それでも次走で500万条件を完勝するシャルドネゴールドを競り負かしたのだからたいしたもの。パワーとスタミナを要する中山芝中距離がぴったりという馬で、ここも主役になる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す