スマートフォン版へ

【京成杯】ジェネラーレウーノ 若さ露呈 併せ馬で“ソラ”使って減速

  • 2018年01月11日(木) 06時50分
 「京成杯・G3」(14日、中山)

 想定こそしていたが、矢野師は苦笑いを浮かべるしかなかった。ジェネラーレウーノが10日、追い切りで若さを露呈した。美浦Wでグヴィアズダ(3歳未勝利)を7馬身近く追走、みるみる差を詰め、直線で一気にトップギアに入ると、パートナーを抜き去った。ところがだ。突然、ソラを使って減速し、どんどん引き離すどころか、わずかに0秒2先着に終わった。タイムは4F52秒2-38秒5-12秒6。

 逃げて連勝中と能力面に疑う余地はない。唯一の不安を精神面と話していた師は「状態はいいけど、最後は見ての通り。レースではやらないと思うけど…。経験を積んで改善しないといけないけど、当分はレースをしてみないと分からないって言葉が続くかな」と、首をかしげる。それでも「持っているものが素晴らしい。体が強くて心肺機能が素晴らしい」と能力には自信がある。だからこそ動きがもどかしい。

 本気で走るか、遊んで走るか。最後まで豪快な走りを続ければ、師の苦笑いがうれしい笑顔に変わるはずだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す