スマートフォン版へ

【京成杯】ダブルシャープ軽快!1馬身先着 ステッキ一発で瞬時に反応

  • 2018年01月12日(金) 08時00分
 「京成杯・G3」(14日、中山)

 本領発揮だ。ホッカイドウ競馬からの転入2戦目となるダブルシャープが11日、栗東坂路で併せ馬。きっちりと1馬身先着して状態の良さを誇示した。前走の朝日杯FSでは、外枠も影響して力を出せずじまい。臨戦態勢を整え重賞初制覇を狙う。

 ダブルシャープは栗東坂路で併せ馬。序盤は僚馬ブルベアルッコラ(3歳500万下)を前に見ながら、じっくりと末脚を温存。ラスト2F過ぎで馬体を並び掛けると、ステッキ一発。瞬時に反応を送ると、しっかりとした脚色で抜き去った。4F54秒5-39秒8-12秒5。1馬身先着してのフィニッシュラインだった。

 動きを見届けた渡辺師は「先週、CWで一杯に追って(6F83秒2-38秒4-12秒2)体はできているので、坂路で上がり重点。気合を乗せる意味で追いました。いい動きでしたし、状態は良さそうですよ」と満足そうにうなずく。

 ホッカイドウ競馬からの転厩初戦だった前走の朝日杯FSでは、外枠(?番)ということもあり前に壁をつくることができず、力んだ走りになって9着に沈んだ。それでも、地方時代にはクローバー賞を勝ち、札幌2歳Sでも勝ち馬から首+頭差の3着と、ポテンシャルは十分に備わっている。

 トレーナーは「前走を使ったダメージはないです。栗東に入ってから変におとなしさを感じるところがあるので、ホッカイドウ時代の荒々しさが戻るよう中間は気合を入れてきました。その効果に期待です」と前を向く。さらに続けて、「札幌で好走したように器用さもあるので、コーナー4つのコースは合うと思います。今度は何とか結果を」と、クラシック参戦を見据えて力強く語った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す