スマートフォン版へ

グレイルの無傷3連勝なるか/共同通信杯の見どころ

  • 2018年02月05日(月) 10時00分
 昨年の京都2歳Sを制したグレイルが始動。無傷の3連勝を飾ってクラシックに名乗りを上げることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/11(日) 共同通信杯(3歳・GIII・東京芝1800m)

 グレイル(牡3、栗東・野中賢二厩舎)は新馬戦、京都2歳Sと2連勝。その後は休養に入ったが、京都2歳Sで2着に負かしたタイムフライヤーがGI・ホープフルSを完勝したことで、評価は更に高まっている。休み明け・初の左回りをクリアして無傷の3連勝を飾ることができるか。

 ステイフーリッシュ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は昨年12月10日の新馬戦を勝って、同28日のホープフルSで3着と健闘。キャリア1戦の上、レース間隔も短いという厳しい条件で上位に入れたのは素質の高さゆえだろう。ここでコンビを組む中谷雄太騎手とともに重賞初制覇を果たし、堂々クラシックに向かいたいところだ。

 その他、未勝利戦・百日草特別と連勝しているゴーフォザサミット(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)、休み明けの前走を勝って2連勝を飾ったオウケンムーン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、シンザン記念5着のカフジバンガード(牡3、栗東・松元茂樹厩舎)、新馬戦で断然人気に応えたサトノソルタス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す