スマートフォン版へ

リリーノーブルなど、先週の入厩情報/栗東トレセンニュース

  • 2018年02月06日(火) 11時20分
 2月になり、春のG1レースで主役になりそうな馬が続々と帰栗。古馬では、1月31日にノーザンファームしがらき(滋賀県)から帰厩したサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎)。凱旋門賞15着以後、実戦から遠ざかっているが、次走は金鯱賞(3月11日・中京芝2000m)を予定している。

 3歳牝馬路線の注目馬も続々と帰厩。阪神JFを制したラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)が、2月3日にノーザンFしがらきから帰厩。今年の初戦はチューリップ賞(3月3日・阪神芝1600m)を予定している。同じくチューリップ賞を予定しているリリーノーブル(栗東・藤岡健一厩舎)も2月1日にノーザンFしがらきから帰厩。阪神JFではラッキーライラックの2着だったが、今後もこの2頭の対決には注目が集まりそう。

 ちなみに藤岡健一厩舎の4戦3勝の3歳牝馬アンヴァルは...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す