スマートフォン版へ

社台SSで種牡馬展示会開催、キタサンブラックら29頭がお披露目

  • 2018年02月07日(水) 12時30分
 6日、北海道安平町の社台スタリオンステーションで「種牡馬展示会」が招待制で開催された。展示されたのは、新種牡馬のキタサンブラックドレフォンロゴタイプイスラボニータサトノアラジンの5頭を含む29頭。

 北島三郎オーナーや清水久詞調教師、武豊騎手も駆けつけて、それぞれの立場からキタサンブラックへの期待を口にした。北島オーナーは「自分にとっては宝物のような存在。みなさんの力で立派な種牡馬にして欲しい」と配合を呼びかけた。

 ほか、豪州から帰国したモーリスミッキーアイルリアルインパクトも元気な姿を披露し、日本の生産シーンを引っ張るディープインパクトキングカメハメハも集まった約700人の関係者に体調の良さをアピールした。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す