スマートフォン版へ

マウレア&ベストマッチョ、手塚厩舎有力馬情報/美浦トレセンニュース

  • 2018年02月07日(水) 17時30分
 2013年の桜花賞アユサンの妹で阪神JF(GI)3着からクイーンC(2/12・GIII・東京芝1600m)に臨むマウレア(牝3・美浦・手塚貴久)が、バレンタインS(2/11・OP・東京ダ1400m)に出走予定のベストマッチョ(セン5・美浦・手塚貴久)と併せてウッドチップコースで追い切った。2頭についての手塚調教師のコメント。

クイーンCに出走のマウレアについて
「今日(2/7)はベストマッチョと併せて追い切りました。全体時計が70秒くらいと思っていましので、時計は丁度良いですね。来週月曜のレースですけど、今週金曜日(2/9)にゲートをやる予定なので、水曜追いにしました。ここまで乗り込んでいて先週でほぼできていましたし、中身もできています。

 体は440〜450キロくらいでさほど変わらないと思いますが、できれば450キロ台で出したいですね。東京では負けていませんし、相性の良いコースです。あとはうまくさばける位置取りで競馬ができればと思います」

バレンタインS出走のベストマッチョについて
「今日の追い切りは良い動きでしたよ。前走(ジャニュアリーS・OP・1着)は1200mでしたので、揉まれないようにある程度先行するレースでしたが、今回の1400mの方が良いと思います。前走よりメンバーが揃っていますけど、頑張ってくれるでしょう」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す