スマートフォン版へ

【京都記念】アルアインに池江師が辛口評価 やや仕上げ余裕残し…馬場も心配

  • 2018年02月08日(木) 06時00分
 「京都記念・G2」(11日、京都)

 皐月賞馬が始動する。アルアインは7日、川田を背に栗東CWで併せ馬。馬なりのままシンシアズブレス(5歳500万下)に2馬身半先着し、5F67秒7-37秒9-11秒7をマークした。

 池江師は「ラストを伸ばして。予定通り」と納得の表情。菊花賞7着後は年末の香港遠征を見据えていたが、「腰の疲れが取りづらくてここを目標に切り替えた。じっくりと立て直して腰の疲れも取れている」と経緯を説明する。

 目標は先とあって、トレーナーのジャッジは辛口だ。「休ませてフレッシュになっているけど、大きくなり過ぎている。競馬でどう出るのか」。仕上げはやや余裕残しの様子。また、週末の天気も気になる。「雨が降るし、馬場が悪いので心配。良馬場の方がいい」。コースレコードタイの勝ち時計で昨年の皐月賞を制しただけに、道悪は避けたい。

 「大目標は大阪杯(4月1日・阪神)ですね」。春のG1を見据えた上での同世代ダービー馬との再戦。クラシックウイナーが底力を発揮できるかに注目だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す