スマートフォン版へ

【共同通信杯】グレイル豪快に鋭伸 ユタカも上機嫌、いざ3連勝だ

  • 2018年02月08日(木) 07時00分
 「共同通信杯・G3」(11日、東京)

 無傷の3連勝へ、グレイルが7日、栗東CWを豪快に駆け抜けた。主戦の武豊を背に向正面から馬場入りすると外の僚馬ノースウッド(6歳1000万下)を5Fで0秒9追走から、馬なりながらも迫力満点の動きで0秒3先着。5F65秒6-37秒6-11秒8の鋭さだった。

 先週の東京新聞杯リスグラシューで勝って上機嫌の鞍上は「とてもいい動きだったね。今週はサラッとしたぐらいでいいと思う。予定通りだよ。前走後ひと息入ったが、態勢は整っているとみていいでしょう」と笑顔で状態の良さを伝えた。

 デビューから2戦負けなしの好素材。新馬戦は首差、2戦目の京都2歳Sは頭差と、決して派手さはないが勝負強い。前の馬をきっちりととらえに行く若駒らしからぬレースセンスの良さが、ひときわ光っている。

 野中師は「追い切りは折り合いがついて、手前もしっかり変えていた。やり過ぎは良くないが、緩過ぎても良くない。これぐらいがちょうどいい。しっかりと乗り込んだし、いい勝負になると思うよ」と自信たっぷり。無傷の3連勝ならクラシック戦線の主役の座に浮上する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す