スマートフォン版へ

【京都記念】気配が違うクリンチャー、宮本師「この感じならGI馬相手でも」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2018年02月08日(木) 12時00分
 クリンチャーは先日このコーナーで取り上げたばかりなのですが、今週も書かせてください!というのも、先週の時点では“正直、よくなるのはまだ先かな”と思わせたのですが、先週しっかり追われてからガラリ一変。いきなりでも大丈夫!?と思える雰囲気に変わってきたのです。

「そうなんです。同じ休み明けでも前回のセントライト記念の時とは比較にならないほど順調ですね」と宮本師。古馬になり体がしっかりしてきたのも「いいほうに影響している」(担当の長谷川助手)ようです。

「もともとはかねてから話しているとおり使ってよくなるタイプなんですが、今回は休み明けでもかなり走れる状態にありますよ」という長谷川助手の言葉からも、かなりの勝負気配がうかがえます。

 クリンチャーにとっての大目標はもちろんGI制覇であり、この先はまだ長いです。それは他の陣営にも言えることで、厳寒期のこの時期から芝のGI中・長距離路線を狙う馬たちはまだまだ仕上げがゆるいものです。

 でも、それに比べるとクリンチャーは明らかに今の時期から“上げて”きているんです。

クリンチャー菊花賞は2着にきましたが、まだ重賞を勝ってはいません。でも、この感じならGIで実績のある相手でも遜色のない競馬ができるのでは、と思っているんです」(宮本師)

 もちろん京都記念を走った後のクリンチャーが良化していく姿も楽しみなんですが、今回ばかりは“鉄砲のクリンチャー”にも注目しなければですね!

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す