スマートフォン版へ

サウジアラビアに世界最高賞金レースの構想 日本馬の参戦にも期待

  • 2018年02月08日(木) 13時15分
 サウジアラビアの政府機関、ジェネラル・スポーツ・オーソリティが総額1700万ドル(約18.5億円)を超える高額賞金レースの構想をしていると現地メディアが報じた。実現すれば世界最高賞金額のレースとなる。同組織は開催の実現時期は明言していないが、日米英からの参戦にも期待している。

 現在の世界最高賞金額レースは米国のペガサスワールドCで、賞金総額1600万ドル(約17.4億円)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す