スマートフォン版へ

【阪神大賞典】クリンチャー出た自己ベスト!新コンビの武豊「さすがに動くね」

  • 2018年03月08日(木) 06時00分
 「阪神大賞典・G2」(18日、阪神)

 自己ベストで名手を驚かせた。京都記念を制したクリンチャーは7日、初騎乗の武豊を背に、朝一番の栗東CWで単走。勢い良く馬場入りすると、序盤からスムーズに加速する。直線も最後まで脚色は衰えない。6F78秒3-37秒8-12秒8の好時計に、鞍上は「初めて乗せてもらったけど、非常に乗りやすい。さすが動くね。いい馬。ズブいイメージだったけど、そんなことなかった」と納得の表情だ。

 宮本師も「武さんに乗ってもらって、どれだけ脚が使えるか見てほしかってん。褒めてもらえて良かったわ。1回使った効果はあるし、馬の雰囲気もええで」と力強く胸を張る。本番の天皇賞・春(4月29日・京都)へとつながる大事な実戦に向け、さらなる上昇カーブを描いていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す