スマートフォン版へ

【金鯱賞】ヤマカツエース狙う“変則”3連覇!得意の中京コースで大阪杯に弾み

  • 2018年03月09日(金) 08時00分
 「金鯱賞・G2」(11日、中京)

 狙うはもちろん3連覇だ。開催時期の変更もあり、変則になるが、18年3月現在金鯱賞を連覇中(16年12月、17年3月)のヤマカツエースには、同一重賞3連覇が懸かる。また、今回勝てば、グレード制を導入した84年以降では芝2000メートル重賞の勝利数最多タイの5勝目となる。

 状態は確実に上昇カーブを描いていた。枠順も願い通りの1枠1番。希望を抱いて有馬記念(10着)に挑んだヤマカツエースだったが、4着だった前年の成績を上回ることはできなかった。

 年齢を一つ重ねたことで、より中距離指向が強くなってきたと言うことなのかもしれない。2500メートルは微妙に長く、スイートスポットはやはり過去4勝を挙げている2000メートルだ。この金鯱賞を2連覇しているように、中京〈2010〉というファクターが加わる今回は、これ以上望めない舞台での戦いとなる。

 「距離に関しては、やはり2000メートルが一番いいでしょう。いい状態で臨めそうですし、中京コースでは結果を出してくれていますからね」。17年は有馬記念4着からの逆襲。前々回(16年12月)は15着に敗れた天皇賞・秋からの反転攻勢で、ともに勝利した。池添兼師が「このステージであれば、きっと」と話すように、過去2度の軌跡が勇気を与えてくれる。

 「相性のいい場所ですからね。ここでいいところがないと、次のG1(大阪杯)に向けて楽しみが減ってしまうので」と指揮官は前を向く。勝利すれば、グレード制が導入された84年以降では、芝2000メートル重賞の勝利数が5勝となり、あの名牝エアグルーヴの持つ最多勝記録(芝2000メートル重賞)に並ぶ。タップダンスシチー(03〜05年)以来2頭目の金鯱賞3連覇へ。記録にも記憶にも残るV3を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す