スマートフォン版へ

平成29年度の地方競馬強化指定馬が決定

  • 2018年03月13日(火) 13時20分
 NAR地方競馬全国協会が13日、「地方競馬強化指定馬制度」の指定馬が決まったことを発表した。

 選ばれたのは全日本2歳優駿(JpnI)3着、「NARグランプリ2017 2歳最優秀牡馬」にも選ばれたハセノパイロ(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)、兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)3着のソイカウボーイ(牡3、船橋・岡林光浩厩舎)、北海道2歳優駿(JpnIII)3着のサザンヴィグラス(牡3、川崎・河津裕昭厩舎)、エーデルワイス賞(JpnIII)3着のリコーデリンジャー(牝3、北海道・川島洋人厩舎)の4頭。

 「地方競馬強化指定馬制度」とは「地方競馬における強い馬づくり」の一環として、一定の成績を残した地方競馬所属馬について、その競走能力を向上させるために坂路などを備えた民間の育成施設を利用する場合に支援する制度。概要は以下のとおり。

【地方競馬強化指定馬制度 概要】
(1)対象馬
平成29年度は、2歳競走の成績により最大5頭を「強化指定馬」として選定

(2)支援内容
平成30年1月〜6月の間、上記「強化指定馬」が育成施設等を利用して競走能力向上を図った場合に、馬主に対してその経費(の一部=最大200万円)を支援

(3)その他
平成30年度以降については、本年度の実施状況等を踏まえ拡充して実施する予定

【強化指定馬選定方法】
以下により選定順位をつけ、上位の地方所属馬を優先に選定する

(選定順位1)
全日本2歳優駿 1〜3着馬
全日本2歳優駿 地方最先着馬
東京2歳優駿牝馬 1着馬(牝馬)
・グランダム・ジャパン2歳シーズン 総合優勝馬(牝馬)

(選定順位6)
兵庫ジュニアグランプリ 1着馬

(選定順位7)
北海道2歳優駿 1着馬

(選定順位8)
エーデルワイス賞 1着馬(牝馬)

(選定順位9)
東京2歳優駿牝馬 2着馬(牝馬)

(選定順位10〜12)
・上記選定順位6〜8の競走の順で2着馬

(選定順位13)
全日本2歳優駿 4着馬

(選定順位14)
全日本2歳優駿 5着馬

(選定順位15)
東京2歳優駿牝馬 3着馬(牝馬)

(選定順位16〜18)
・上記選定順位6〜8の競走の順で3着馬

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す