スマートフォン版へ

フラワーC制したカンタービレは桜花賞をパスし、オークスに照準

  • 2018年03月21日(水) 19時00分
 3月17日に中山競馬場で行われたフラワーC(GIII・芝1800m)を制したカンタービレ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)は、4月8日に阪神競馬場で行われる桜花賞(GI・芝1600m)には向かわず、5月20日に東京競馬場で行われるオークス(GI・芝2400m)に照準を合わせることがわかった。一戦挟むか直行かは未定。

 カンタービレは、父ディープインパクト母シャンロッサその父Galileoという血統。勝ち上がりには3戦を要したものの、そこからの連勝で初めての重賞制覇をフラワーCで果たした。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す