スマートフォン版へ

【南関東競馬】ヤマノファイトが重賞連勝

  • 2018年03月28日(水) 18時37分
 「京浜盃・S2」(28日、大井)

 2番手を追走した1番人気のヤマノファイトが、ゴール前で逃げた3番人気のワグナーコーヴをわずかにかわして重賞2連勝。春の南関東クラシック戦線の主役に躍り出た。3着に入った4番人気のクロスケまでの上位3頭が、羽田盃・S1(5月9日・大井)への優先出走権を獲得した。

 ホッカイドウ競馬からの転入初戦だった、前走のデイリー杯ニューイヤーカップを圧勝した実力は本物だった。

 大井初見参にも動じるところなく、道中は同じくホッカイドウ競馬から転入して2連勝中だった逃げるワグナーコーヴの2番手を追走。最後の直線で内、外と離れての追い比べになったが、ゴール前でかわして重賞連勝を決めた。

 「重賞で人気を背負う馬に乗る機会はあまりないので、期待に応えられて良かった」と本橋孝はホッとした表情。レース前に師匠の矢野義師から「前走のビデオを見て、粘り腰のある馬なので併せないように」と指示を受け、その通りに運んで結果を残した。

 前走の優勝インタビューでは感極まった鞍上だが「きょうは泣きませんよ」と笑いを取った後に「これからもっとマークされるので、馬を鍛えて本番に向かいたい」とクラシックへの抱負を口にした。

 矢野義師もまな弟子と同じく「これからもっと強い馬が出てくるだろうし、万全の態勢でしっかりやっていきます」と、春戦線へ気を引き締めていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す