スマートフォン版へ

【地方競馬】免許失効の中野省吾騎手が大井でラスト騎乗 今後は「いろいろ考え、結論出てない」

  • 2018年03月30日(金) 17時50分
 2017年度の制裁数とその内容を理由に、4月1日の18年度からの騎手免許が交付されない中野省吾騎手(26)=船橋・渡邊薫=が30日、騎乗停止明けで現免許では最後となった大井競馬最終日で7鞍に騎乗し、未勝利に終わった。

 今後の進路について同騎手は「競馬の世界かそれ以外かも含めて、いろいろ考えていて結論は出ていない」と現状を説明。南関東での復帰については「戻りたい気持ちはもちろんあるが、1、2年では同じことの繰り返しになる」と話した。

 この日のパドックには応援の横断幕が多数掲げられ、本馬場入場の際などにはファンから激励の声援も。「乗れることに感謝しているし、ありがたいです。でも寂しさというより、勝てなかったから楽しくないですよ」と個性派らしいコメントで振り返っていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す