スマートフォン版へ

「馬を好きになってもらえたらうれしい」 荻野琢騎手ら騎手13人がチャリティーイベント

  • 2018年04月03日(火) 18時00分
 4月2日、阪神競馬場で兵庫県出身ジョッキー荻野琢真騎手松山弘平騎手が中心となったRisy所属騎手によるチャリティーイベント『はじめての馬乗り体験』が開催され、小学生約50名と保護者約30名が参加した。

 一昨年の熊本地震復興支援イベント、昨年の札幌競馬場での小学生を対象にしたイベントの第三弾。今回は初の地元・近畿地区での開催とあって和田竜二騎手藤岡佑介騎手浜中俊騎手田中健騎手国分恭介騎手川須栄彦騎手藤懸貴志騎手城戸義政騎手鮫島克駿騎手富田暁騎手西村淳也騎手らも加わった13人のジョッキーが勢ぞろい。

 芝コースでの記念撮影やお散歩、パドックや検量所のバックヤードツアー、引馬体験、騎手がトレーニングで使用する木馬の体験もあり、参加者たちは競馬の魅力をたっぷりと味わった様子。最後は阪神競馬場、JRAピーアールセンター、株式会社Risyからプレゼントが配られ、大好評で幕を閉じた。

荻野琢真騎手のコメント】
「きょう初めて乗馬をしたり、馬に触れたりしたお子さまもたくさんおられましたが、これをきっかけに競馬に興味を持ってくれたり、何よりも馬のことを好きになってもらえたらうれしいですね。今回もたくさんの方々に協力していただき、心より感謝申し上げます。今後もこういうイベントを継続的に続けていきたいと思っていますので、その際にはたくさんの方にお越しいただきたいですし、競馬場にも足を運んでもらいたいですね」

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す