スマートフォン版へ

名古屋競馬が新競馬場の完成予想図を発表 22年4月オープン予定

  • 2018年04月03日(火) 17時45分
 名古屋競馬を運営する愛知県競馬組合が、老朽化が進んだことなどを理由に新しく建設が決まっていた新競馬場の完成予想図を発表。開場は4年後の2022年4月を予定している。

 移転先は同県弥富市にあり、厩舎なども隣接する弥富トレーニングセンターで、『コンパクトで臨場感のある競馬場』『公園のような競馬場』『柔軟性と持続性の高い競馬場』といった建設コンセプトに加え、ネット投票増加の背景などからスタンドの収容人員は現在の半分以下となる約2000人を想定。また、ナイター開催にも対応できるよう照明設備なども新設される。

 さらにコースも現在の弥富トレセン調教コースが西側に100mほど拡張。現競馬場の1周1100mから1200mに延長される予定。

 今回はあくまで基本設計の発表であり、今後施工内容は変更になる場合があるものの、現計画での総工事費は約98億円。なお、昨年度の売り上げは約300億円を記録しており、過去の累積赤字も解消される見込み。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す