スマートフォン版へ

リリーノーブル川田騎手「落ち着きが出て、いい状態です」/桜花賞共同会見

  • 2018年04月04日(水) 16時30分
リリーノーブルに騎乗する川田将雅騎手

――前走のチューリップ賞を振り返ってください。
川田 道中はずっと前向きさを出しながらの追走になりました。思うようにリズムよく追走できなかったのが終いの伸びを欠いたことにつながった印象です。

――阪神JFラッキーライラックより前、チューリップ賞ラッキーライラックより後ろのポジションでレースを進めていましたが、そのあたりは?
川田 流れの中でああいう形になりました。形としてはいい形だったと思います。先ほども言いましたが、こちらが少し前向き過ぎる面があった分、捕まえきれなかったです。でも、後ろからラッキーライラックの競馬を見れたというのはいい経験になりました。

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
川田 非常に穏やかに走ることができました。この中間、工夫をしていただいたのですが、その効果が表れているのではと思います。

――ここ二戦で成長は感じますか?
川田 初めて乗ったときから背中のいい馬でした。いい内容で勝ってくれて中1週でジュベナイルフィリーズをあの内容で走ってくれました。年が変わって、馬にひとつ芯が入ったような感じでチューリップ賞を迎えることができました。今回はさらに落ち着きが出てくれたので、よりいい状態でここにたどり着けたと思います。

――この馬の一番の魅力は?
川田 レースセンスもいいですし、終いの脚がすごくしっかりしています。いい脚が使える馬なので、そのいい脚が使えるような競馬ができればと思います。

――ラッキーライラックとは3回目の対戦です。逆転するには何が大事でしょうか?
川田 (ラッキーライラックは)本当に強い馬だな、と思います。何よりもこの馬自身が持っている能力を一番発揮するというのが大事になってくると思います。前回よりも今回のほうがはるかに能力を発揮できる状態になっているだろうと思います。強い無敗の女王相手ですけれど、なんとか頑張ってくれると思っています。

――最後にファンの皆さんにメッセージを。
川田 中間、スタッフの方が一生懸命やってくれた結果、前走よりはるかに落ち着いています。いい状態で桜花賞当日を迎えてくれたらと思います。強い馬はいますけど、なんとかいい勝負ができるようにこの馬とともに頑張りたいと思いますのでリリーノーブルを応援してくれたらなと思います。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す