スマートフォン版へ

リバティハイツ高野師「初めて見た時から一つ上のクラスの馬」/桜花賞共同会見

  • 2018年04月04日(水) 17時30分
リバティハイツを管理する高野友和調教師

――前走のフィリーズレビューを振り返ってください。
高野 もともとスタートのセンスがある馬なので恥ずかしくない位置で競馬ができるとは思っていました。それにしてもちょっとハイペースに見えましたが、スムーズに流れに乗っていましたね。いい感じで競馬を進めてくれました。直線ではちょっと狭くなってまずいなと思ったんですが、外に出してからの伸び脚はまた目の覚める…というほどではなかったかもしれませんが、いい根性を見せてくれましたね。すごくいいレースだったと思います。

――直線がしっかり伸びるあたりは、能力の高さでしょうか?
高野 そうですね。もともと能力を秘めている血統ですが、それが表に出てきた感じがしますね。

――レース前から「桜花賞に出さなければいけない馬」と意識されていたと聞いていますが、そのあたりは?
高野 初めて見た時から、一つ上のクラスの馬のつくりだなと思っていたんですよ。無事成長してくれましたし、初めてうちの厩舎に来た時も上級馬の背中だな、という感じがしました。当然、かなりの血統馬だったので馬主さんや牧場さんの期待を考えると大きいところへ連れていかなければならない馬だなと思っていました。

――未勝利を勝って500万下2着からの格上挑戦でした。
高野 2着でも悪い競馬ではなかったし、能力は感じていましたから。凄く調子のいい状態で500万下を走れていたかというとそこまでは行ききれていなかったのですが、その状態であれだけ走れました。だから、抽選にはなるけれど重賞にチャレンジするべきだな、ということで挑戦しました。

――桜花賞に向けての調整過程はいかがですか?
高野 1週前にそこそこ動かしていい動きを見せてきました。この馬の意図していたデビューとは違って少し遅くなってしまったことから、ずっとまとまった休みがありません。桜花賞本番まで3週でしたがその前も使っていたので、調教で能力を上げようとかいうのではなく今の状況をいかに維持していくかを大事にしました。その結果、馬をフレッシュな状態で持っていければいいな、と思っています。“維持”という言葉を使いましたが、そうした上で状態がアップしていくのかな、という感じで調整しています。

 今朝の追い切りでも、全体の時計はそんなに求めないけれど1ハロンのところだけ反応を見てあとはそのまま流してきて、とお願いしました。その点は乗り役さんとも意見が一致しました。すごくいい追い切りだったと思います。

――いい状態で桜花賞を迎えられそうですね。
高野 そうですね。道中の折り合いや馬の体力がGIで戦っていけるレベルになっていると思います。

――一戦一戦成長している、と。
高野 新馬戦は進んでいかないところがありましたが、頭のいい馬なのでどんなペースでも対応してくれると思っています。

――本番・桜花賞では一線級と初対戦となります。そのあたりの楽しみは?
高野 相手はこれまでよりさらに強くなるのは当然ですし、戦い甲斐のある相手だと思います。ただ、相手の力量を考えても仕方ないので自分の管理するリバティハイツ号の状態をMAXに上げること一点に集中しています。

――最後にファンの皆さんへメッセージを。
高野 この馬自身の馬生、この牝系一族のことを考えても、GIのタイトルは評価につながると思います。それが桜花賞だったらとてもいいと思っています。馬主さん、牧場の方々、これまでこの馬に熱意を込めて関わってくれてきた方のためにもなんとか結果を出したいと思いますし、応援してくださるファンの方のためにも頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

リバティハイツに騎乗予定の北村友一騎手

――前走のフィリーズレビューを振り返ってください。
北村 スタートは良く、折り合いもつき、反応も良かったです。本当にいい内容だったと思います。

――未勝利戦勝利以来、2回目の騎乗でした。成長ぶりはいかがでしたか?
北村 未勝利に乗った時と、次にミルコが乗った時と、いい意味で前進気勢、前向きさが出ているのがこの馬にとっていいなと思いました。

――この馬の良さは?
北村 前向きさがある中で操縦性がいいということですね。

――前走は格上挑戦で勝ち切りました。
北村 競馬に行って本当にセンスがいいなと思います。

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
北村 本当にコントロールしやすくて、反応もよく、それでいてパワフルな動きでした。すごく順調ですし、良かったと思います。

――まだ枠順など出ていませんが、現時点でレースについて思い描いていることは?
北村 馬自身がセンスがいいので、スタートが良ければスムーズに好位で競馬ができるのかな、と思っています。

――相手関係はいかがですか?
北村 もちろん相手は強いなと感じています。

――特にラッキーライラックは強い印象でしょうか?
北村 そうですね。ラッキーライラック以外にも本当に相手は強いなと感じています。

――最後にファンの皆さんにメッセージを。
北村 本当に相手は強くなりますが、桜花賞に出られるということに感謝の気持ちを持って、今この馬の出せる最大級のパフォーマンスを出せればいいなと思っています。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す