スマートフォン版へ

石橋騎手「ラッキーライラックの力を見せられるように」/桜花賞共同会見

  • 2018年04月04日(水) 19時00分
 今年初戦のチューリップ賞(GII)を危なげなく勝利した2歳女王のラッキーライラック(牝3・栗東・松永幹夫)。デビュー戦からすべて手綱を取ってきた石橋脩騎手が、美浦トレーニングセンターで共同記者会見に臨んだ。

(前走のチューリップ賞を振り返って)
「今年の初戦ということで、どう変わったかをチェックしたかったですし、いろいろ確認したいこともありましたが、難しいことを考えることなくスムーズに走れましたし、何も問題なかったです」

(阪神JFよりも前で競馬をして突き放すという内容だったが?)
「スタートは元々良い馬でしたし、あのような形も考えていましたから、ああなった時は先行してもいいなとは思っていました」

(どんなレースもできる?)
「競馬は上手な馬ですし、どんな競馬もできると思います」

(この馬の長所は?)
「身体能力が高いところです。新馬戦から特に手を煩わせることはなかったですし、良くしつけもされています。馬自身の性格も良いです」

(阪神の外回りも2度経験していて、特に注文もない?)
「特に考えたことはないです」

(あとはレースを迎えるだけ?)
「そうですね」

(大本命の馬で大一番を迎える心境は?)
「この馬に関しては一戦一戦しっかり良い結果を出せるように緊張感を持ってやっていますので、もちろん舞台は大きくなりますけれども、やることをやるだけだと思います」

(あくまでもこの馬の力を出し切れば良い?)
「はい、その通りです」

(桜花賞で気を付けたい点は?)
「特にないです」

(ラッキーライラックの力を信じて?)
「はい、信じています」

(最後にファンに向けてメッセージを)
ラッキーライラックの力を見せられるよう頑張りたいと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す