スマートフォン版へ

【桜花賞】リバティハイツ高野師「前走同様スムーズな競馬ができれば」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2018年04月04日(水) 22時00分
 桜花賞、わたしはラッキーライラックとこれまで対戦していない馬に食指が動きます。中でもフィリーズレビューで根性のあるところをみせていたリバティハイツがすごく気になります。そこで管理する高野師にお話を伺いました。

 まず、距離適性について。前走のフィリーズレビューはすごく上手なレースをしていましたが、1ハロン延びる桜花賞、そして今後の距離適性についてはどうでしょう?

桜花賞の1600は大丈夫だと思います。北村友一騎手は乗った感じから1600、1400の走りをする馬だと評価してくれています。今後の距離適性についてはまだわかりませんが、引っかからないので距離が延びてもいいんじゃないかと個人的には思っています」

 すごくレースセンスのあるというのはレースぶりからも伝わってきます。3戦目の500万下条件ではスローペースでしたが、続くフィリーズレビューでは一転してハイペースの競馬。それぞれのペースに順応して結果につなげています。

「頭のいい馬なので、どんなペースにも対応してくれます。オーソドックスでいいので前走同様、スムーズな競馬ができたらいいですね」

 ちなみに、このあとの予定は「まだ決めていない」とのことでした。

「一戦一戦、目の前の競馬に力を注いでいくことが大切です。無事、いい状態で桜花賞を走り終えたら、その走りから改めて適性を見定めて、次のことを決めていくことになると思います。いまは精一杯、桜花賞に向けて仕上げていくだけです」

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す